VWトレイトン、ダイムラーとボルボと共同で高性能充電ネットワークを欧州に設置

エコカー レスポンス

フォルクスワーゲングループのトラック&バス部門のトレイトンは7月5日、ダイムラートラック、ボルボグループと共同で、大型トラック向けの高性能充電ネットワークを欧州に設置すると発表した。

3つの大手商用車メーカーは、欧州全域にEV大型トラックとバス用の高性能な充電ネットワークを設置する契約に署名した。3社は充電インフラストラクチャの構築を進めて、顧客の信頼を高め、EUのカーボンニュートラルな輸送への転換を支援していく。

今回の合意は、将来の合弁会社の基礎を築くもの。新たな合弁会社は、3社が均等に出資し、2022年に事業を開始する予定。3社は5億ユーロを出資して、少なくとも1700拠点の高性能なグリーンエネルギー充電ステーションを設置する計画だ。会社設立から5年以内に、充電ステーションの数を大幅に増やすことを目指す。

合弁会社は、高速道路沿いや物流倉庫の近くに充電インフラストラクチャを設置し、充電ステーションでグリーンエネルギーを利用することにより、2050年までにカーボンニュートラルな輸送を実現することを目指していく。

また、合弁会社は、欧州市場での長距離輸送に焦点を当てた充電ネットワークを構築する。ドライバーの45分の休憩時間に合わせて、急速充電と夜間充電が行えるようにしていく。

  • 森脇稔
  • ダイムラートラック、フォルクスワーゲングループのトラック&バス部門のトレイトン、ボルボグループの首脳《photo by Daimler Truck》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ