トヨタ、プリウス 4万台に改善対策…自動ブレーキの作動が遅れる可能性

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車は7月7日、『プリウス』の衝突回避支援システムに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2020年6月17日〜2021年6月1日に製造された4万0941台。

対象車両は、衝突回避支援システムにて、プリクラッシュブレーキアシスト制御プログラムが不適切なため、前方に衝突の可能性がある車両を検知した際、警報および警告表示は正常に作動するが、運転者のブレーキ踏力が弱いと、ブレーキアシスト作動が遅れる場合がある。

改善対策として、全車両、プリクラッシュブレーキアシスト制御プログラムを対策仕様に修正する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報により改善対策を届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
  • 対象車両《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ