kmグループのニューノーマルタクシー、ケンウッドの低濃度オゾン発生器を採用

業界 レスポンス

ケンウッドは7月8日、国際自動車(kmグループ)が導入する「ニューノーマル(新常態)タクシー」の搭載設備として、同社の低濃度オゾン発生器「CAX-DS01」が採用されたと発表した。

ニューノーマルタクシーとは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止対策のために、空気清浄機や車内飛沫感染防止仕切り板、抗菌加工などを装備した車両。kmグループでは都内を走行するタクシーの全車両(業務提携会社を含む4068台)に低濃度オゾン発生器、空気清浄モニター、感染防止板を搭載。ニューノーマルタクシーとして7月19日より運行を開始する。

CAX-DS01は、多重リング式を採用したコロナ放電により、低濃度オゾンとイオンを効果的に生成・放出することで、ウイルスやニオイを抑制する。ダッシュボードに置けるコンパクト設計。シガーソケットに対応するほか、駐車中の太陽光駆動が可能なソーラーパネルも搭載している。また、フィルターの交換は不要。長時間走行するタクシーに適した除菌消臭装置として、多くのタクシー事業者に導入されている。

国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として実施する補助事業「ポストコロナを見据えた地域公共交通の活性化・継続」に伴い、タクシーやバスなどへ車両装備費補助金を交付しており、本機種も補助金の対象機種となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ケンウッド 低濃度オゾン発生器 CAX-DS01《写真提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ