ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのフルサイズSUV『ディスカバリー』(Landrover Discovery)2022年モデルを発表、7月8日より受注を開始する。

2022年モデルでは、エンジンラインアップを刷新。3.0リットル直列6気筒直噴ターボのディーゼル(最高出力300ps/最大トルク650Nm)およびガソリン(最高出力360ps/最大トルク500Nm)エンジンの2種類を用意する。ともにベルトインテグレーテッドスタータージェネレーター(BiSG)とリチウムイオンバッテリーで構成される48VのMHEVを採用した最新ユニットとなる。

エクステリアは、LEDヘッドライトやテールライト、フロントグリル、バンパー(フロント/リア)のデザインを変更し、ディスカバリーのキャラクターと力強さを際立たせている。インテリアも3列目シートを標準装備としたほか、2列目シートの形状、シートクッションの角度や厚みを改善し、7人の乗員が快適に過ごせる空間に改良。さらに、ダイナミックな外観と洗練された内装を備えた新グレード「R-ダイナミック」を追加した。

ディスカバリー初搭載となる3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システム、さらに最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備。付帯するオンラインパックには専用通信データプランを用意し、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用できる。

さらに、多機能な空気浄化システムをオプションで新たに用意する。車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生。さらにPM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなど、よりクリーンな環境を提供する。

価格はディーゼルモデルが840万円から1031万円、ガソリンモデルが780万円から978万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ランドローバー ディスカバリー(2022年)《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ