MINIの世界販売、32%増…日本は3年ぶりに増加 2021年上半期

業界 レスポンス

MINIは7月7日、2021年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は15万7799台。前年同期比は32.6%増と、回復を果たしている。

上半期の車種別販売実績では、『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)のプラグインハイブリッド車(PHEV)のMINI『クーパーSE クロスオーバーALL4』と、MINI『ハッチバック』のEVのMINI『クーパーSE』が好調だった。両車は上半期、全販売台数の15%以上を占めた。

上半期の市場別の販売実績では、米国が1万5625台を販売した。前年同期比は48.5%増とプラスに転じた。日本は上半期、9136台を販売した。前年同期比は7.8%増と、2018年以来、3年ぶりに前年実績を上回った。

MINIの2020年の世界新車販売台数は、29万2394台。前年比は15.8%減と、3年連続で前年実績を下回っている。

  • 森脇稔
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHV《photo by MINI》
  • MINI 5ドアハッチバック《photo by MINI》
  • MINI ジョンクーパーワークス(JCW)GP《photo by MINI》
  • MINI クラブマン《photo by MINI》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ