個人間カーシェア「エニカ」、DNPの運転免許証真贋判定補助サービスを導入

業界 レスポンス

大日本印刷(DNP)は、運転免許証の真贋判定を補助する「ID確認 for eKYC」を、DeNA SOMPOモビリティの個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」に提供。7月12日より会員登録時の本人確認での運用が始まった。

ID確認for eKYCは、スマートフォンやタブレット端末で撮影した運転免許証の画像から「真贋スコア」を算出することで真贋判定を補助するサービス。DNPが開発した運転免許証を利用する真贋判定ロジックを活用し、顔写真や住所等の部分的な貼り替えの有無や、情報記載ルールや生年月日等の事実と整合しているかを高い精度で判定する。

Anycaを運用するDeNA SOMPOモビリティでは、会員登録の際に運転免許証による本人確認を目視で行っているが、判定精度の向上とオペレーターの業務負荷軽減が課題となっていた。今回、確認作業をシステムで補助する「ID確認for eKYC」を業界に先駆けて導入。業務負荷軽減とサービスの信用と安全性の向上を図る。

DNPと、DNPグループで各種IDカード用機器を販売するDNPアイディーシステム(IDS)は、このID確認 for eKYCを、銀行口座開設を始め多様な用途に展開している。今後は、マイナンバー制度の個人番号カードや在留カード等にも適用し、金融・古物取引・司法書士業界等の本人確認業務を安全・安心に支援するサービスとして提供して、関連製品等を含めて2025年度までに約20億円の売上を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ID確認for eKYCの概要《図版提供 大日本印刷》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ