マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給

業界 レスポンス

マツダは、製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、同社初となる太陽光発電設備の稼働を7月13日より開始した。

広島本社工場に設置した太陽光発電設備は、発電能力1.1MW。同工場で生産するすべての『MX-30 EVモデル』のバッテリー充電をまかなうとともに、工場全体で使用する電力としても供給される。

マツダでは、今後もグリーン電力の積極的な導入と利用促進を行い、2050年のカーボンニュートラル化に向けたチャレンジを続け、豊かで美しい地球と永続的に共存できる未来を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • EVバッテリー充電設備《写真提供 マツダ》
  • EVバッテリー充電設備《写真提供 マツダ》
  • EVバッテリー組付工程《写真提供 マツダ》
  • EVバッテリー組付工程《写真提供 マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ