カレコ・カーシェアリング、スバル レヴォーグ 新型50台を順次導入…6時間4080円より

業界 レスポンス

カレコ・カーシェアリングクラブは、スバルの新型『レヴォーグ』を7月13日より順次導入すると発表した。

今回カレコでは、車種の拡充および安全装備搭載車両の増加を目的として、「レヴォーグ GT EX(アイサイトX搭載グレード)」を新車種に選定した。

新型レヴォーグは、「先進安全」、「スポーティ」、「ワゴン価値」の3つの価値を、最新技術により進化させたパフォーマンスワゴン。前面カメラを広角にし、前後にセンサーを取り付けたことで360度センシングを実現し、安全性を進化させた「新世代アイサイト」を全車標準装備する。さらに、地図データとGPSや衛星データなどの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX」も新たに搭載。「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞するなど、第三者機関からも高い評価を得ている。

導入予定ステーションは7月13日の「リパーク横浜駅西口」(横浜市神奈川区)、7月27日の「ららぽーと豊洲(本館5階駐車場)」(東京都江東区)を皮切りに、2022年3月末までに合計50台を順次導入する予定だ。

利用料金(ベーシックプラン)は、6時間パック4080円、12時間パック6700円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ