ケンウッド、デジタルルームミラー型2カメラドラレコ発売へ…大画面12型液晶採用

業界 レスポンス

ケンウッドは、同社初となる、デジタルルームミラーを搭載した前後同時撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-EM4700」を7月下旬より発売する。

現在、国土交通省は、カメラモニタリングシステムを備えることでバックミラーなどがない自動車の設計・製造を可能にしたほか、「後退時車両直後確認装置」(バックカメラ、検知システムまたはミラー)を必須装備とするなど、安全基準の拡充・強化を進めている。こうした背景から、バックカメラや電子ミラーなどによる後方確認が普及。ドライブレコーダーでも電子ミラーで後方確認できるデジタルルームミラー型が伸長してきており、さらなる普及拡大が見込まれている。

ケンウッドは今回、ドライブレコーダーのラインアップを強化し、新ジャンルへの市場ニーズに応えるため、同社初のデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」を発売する。

新製品は、リアカメラで撮影中の映像をリアルタイムで液晶のルームミラーモニターに映し出すデジタルルームミラー型のドライブレコーダー。従来のルームミラーのように、ピラーなどの車体や車室内の荷物などの映り込みがないため死角が低減され、後方の視界が格段に向上する。デジタルルームミラーには、広い視野角を持つ高画質の大画面12型IPS液晶を採用。またタッチパネルを採用し、スライド操作による表示エリアや明るさの調整、タッチ操作による前方・後方の画面の切り替えも可能だ。

ドライブレコーダー機能としては、フロント/リアカメラともに高感度CMOSセンサー「STARVIS」を搭載。夜間やトンネル内など暗いシーンでも明るく鮮明な映像で前後同時撮影・録画ができる。また、国内で多い右ハンドル車のドライバーと同じ目線で録画ができる「右側カメラ仕様スライド式フロントカメラ」を採用。フロントカメラはスライドでき、純正の大型ルームミラーにも取り付けることができる。

さらに、走行中、ハンドルから手を放さずに主な基本操作を行うことができる「音声コマンド機能」を搭載する。音声コマンドは、緊急時などに手動録画を開始できる「イベント記録開始」のほか、静止画撮影ができる「写真をとります」、表示画面を切り替えられる「フロントカメラ」「バックカメラ」「すべてのカメラ」の5つの音声に対応。さらに別売の車載電源ケーブルを使用すれば、最長24時間の駐車監視録画にも対応する。

サイズはフロントカメラが幅293×高さ73×奥行45mm、リアカメラが幅47.8×高さ38.0×奥行26.0mm。市場推定価格は6万1000円前後。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 後方映像イメージ《写真提供 JVCケンウッド》
  • 夜間映像イメージ《写真提供 JVCケンウッド》
  • 右側カメラ仕様スライド式フロントカメラ《写真提供 JVCケンウッド》
  • フロント:液晶画面イメージ《写真提供 JVCケンウッド》
  • フロント:背面《写真提供 JVCケンウッド》
  • リアカメラ《写真提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ