三菱 RVR、安全装備を充実---後側方/後退時車両検知警報システムを標準化

新車 レスポンス

三菱自動車はコンパクトSUV『RVR』を一部改良、安全装備を充実させ、7月15日から販売を開始した。価格は214万3900円から274万4500円。

今回の一部改良では、「G」および「ブラックエディション」にこれまでメーカーオプションだった後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付)[BSW/LCA]および後退時車両検知警報システム[RCTA]を標準装備化し、安全装備を充実させた。

またエクステリアでは、パールの白い輝きと金属のような陰影を併せ持つ、三菱自動車独自の高輝度塗装「ホワイトダイヤモンド」(有料色7万7000円)を新たに採用した。

インテリアではブラックエディションに装着されているコンビネーションシートの座面および背もたれ面のスウェード調素材に撥水機能を追加。フロアコンソールボックス後席側に充電用USBポート(タイプA/C)を追加した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 後側方車両検知警報システム《写真提供 三菱自動車》
  • 後退時車両検知警報システム《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ