フォード マスタング EV、ギネス新記録…英国縦断で電力消費が最も少ない電動車に

エコカー レスポンス

フォードモーター(Ford Motor)は7月13日、フォードの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』(Mustang Mach-E)の欧州仕様車が英国縦断に挑戦し、「エネルギー消費量が最も少ない電動車」としてギネス新記録に認定された、と発表した。

「マッハE」とは、1970年代の2代目フォード『マスタング』に用意されていた高性能モデル、「マッハ1」を連想させるネーミング。フォードモーターは2022年までに、電動化に110億ドル以上を投資する計画だ。この投資によって、フォードモーターは電動車両のラインナップを拡大する予定。2022年までに、全世界の電動車ラインナップを40車種に増やし、そのうちの16車種をEVにする計画を掲げている。

◆モーターは最大出力459hp

この16車種のEVのひとつが、マスタング・マッハEだ。マスタングはフォードを代表する伝統のスポーティカーであり、マスタング・マッハEはパフォーマンス志向の電動SUVになる。

マスタング・マッハEには、永久磁石モーターを搭載する。最大出力は332hp、最大トルクは57.6kgmを引き出す。駆動方式は、後輪駆動または4WDを用意する。

マスタング・マッハEには、モーターの性能を最大出力459hp、最大トルク84.6kgm に引き上げた2つのパフォーマンスバージョンを設定する。「GT」は0〜96km/h加速を4秒以下で駆け抜ける。「GTパフォーマンスエディション」は、0〜96km/h加速は3.5秒以下となる。

◆欧州仕様車は足回りなどを専用チューニング

4WDシステムは、前後の車軸に独立してトルクを分配し、後輪駆動モデルよりも優れた加速とハンドリング性能を追求する。4WDシステムをチューニングして、トラクション性能や雪などの滑りやすい路面でのコントロール性能を高めた。欧州仕様車では、サスペンション、ステアリング、ESP、4WDシステムなどが、ヨーロッパの道路と運転スタイルに合わせて、専用チューニングされている。

マスタング・マッハE の欧州仕様車には、リチウムイオンバッテリーを搭載する。蓄電容量は88kWhだ。バッテリーは、車両の床下に配置され、マイナス40度という低温でテストされた。この水冷式バッテリーは、衝撃吸収構造の防水バッテリーケース内に搭載される。欧州仕様車の場合、1回の充電での航続は、最大610km(WLTP計測)となる。

◆ギネス新記録は1回の充電で約805km以上の航続に相当

このマスタング・マッハEの欧州仕様車が英国縦断に挑戦し、「エネルギー消費量が最も少ない電動車」としてギネス新記録と認定された。今回の挑戦では、英国本土の北端部の「John o'Groats」から、南端部の「Land's End」まで、840マイル(約1350km)をマスタング・マッハEで走破した。

ドライバーには、BBC放送の特派員のPaul Clifton氏を起用した。同区間で内燃エンジン搭載車のエコラン記録を持つFergal McGrath氏とKevin Booker氏が、コ・ドライバーとして参加した。ルートの途中、2回の充電ストップと、2時間走行するごとに15分の休憩が行われた。

1350kmを2日間で走破した結果、マスタング・マッハEは、1kWh(キロワット時)あたり、6.54マイル(約10.5km)を走行。英国縦断における「エネルギー消費量が最も少ない電動車」として、ギネス新記録に認定された。これは、1回の充電で約805km以上の航続に相当するという。

  • 森脇稔
  • フォード・マスタング・マッハE のギネスチャレンジ《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE のギネスチャレンジ《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE のギネスチャレンジ《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE のギネスチャレンジ《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE のギネスチャレンジ《photo by Ford Motor》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ