AIが自動車ローンの与信判断…7割無人化 三菱自動車ファイナンス

業界 レスポンス

三菱総合研究所は7月12日、7月から三菱自動車ファイナンスに対してAI(人工知能)によるオートクレジット審査業務の提供を開始したと発表した。

三菱総研は2020年12月から、個人向けローンやクレジット商品の審査業務をAIモデルで自動化する「審査AIサービス」を提供している。三菱自動車ファイナンスは、サービス導入に向けてクレジットの審査官を交えたモデルやシステムの評価、サービス検証を経て、オートクレジット審査業務に審査AIサービスの実務適用を開始した。

個人向けのローンやクレジット商品の審査では「回答スピード」「効率性」「客観性」の向上が求められている。これに対応する「審査AIサービス」は、審査官が行っていた融資可否の判断を学習したAIモデルを搭載した「審査AIシステム」を、金融機関の審査業務システムに連携、審査の自動化を促進するもの。

申し込みを受け付けた案件に対して、AIモデルによって承認確率が算出され、この値に応じて業務フローの制御が可能となる。これによって全体の50〜70%程度の案件について人間の審査を介さずに自動での承認回答が可能になるとしている。

今後は、実務適用を通じた審査AIシステムをモニタリングしてAIモデルの性能やユーザビリティの向上など、審査AIサービスの高度化を図る。

  • レスポンス編集部
  • 審査AIサービスの目指す姿《画像提供 三菱総合研究所》
  • APIによってシステム間を連携する《画像提供 三菱総合研究所》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ