東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021…カーボンニュートラルに向け環境関連の国際会議 10月に集中開催

社会 レスポンス

経済産業省は7月14日、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021」として「水素閣僚会議」や「アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合」など、カーボンニュートラルやビヨンド・ゼロに向けたエネルギー・環境関連の国際会議を10月に集中的に開催すると発表した。

政府は昨年10月、2050年までのカーボンニュートラルを宣言した。カーボンニュートラル、ビヨンド・ゼロに向けたエネルギー・環境関連の国際会議を集中的に開催する「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク2021」を実施する。

各国閣僚や各分野をリードする世界の有識者、指導者を招いてビヨンド・ゼロ実現に向けた個別の挑戦課題とこれらを社会実現する道筋・手法について幅広く議論し、「経済と環境の好循環」の実現に向けた現実的で具体的な道筋・絵姿を世界に発信する。

アジアのグリーン成長等の分野横断的な議論とあわせ、日本が世界に先駆けて取り組んでいる水素・アンモニア、カーボンリサイクルなどの重点分野について、日本の技術的知見を各国と共有していくことで、国際的な議論や協力をリードするプラットフォームとして世界全体のカーボンニュートラル達成に貢献していく。

アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合、カーボンリサイクル産学官国際会議と水素閣僚会議を10月4日、LNG産消会議、TCFDサミットを10月5日、燃料アンモニア国際会議を10月6日、ICEFを10月6・7日、RD20(リーダーズ・セッション)を10月8日にそれぞれ開催する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ