カワサキ、鈴鹿8耐参戦体制発表…新型『Ninja ZX-10RR』投入で初の連覇へ

モーターサイクル レスポンス

カワサキモータースジャパンは、11月5日から7日に開催される 「2021 FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」に川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」で参戦すると発表した。

同チームは、2019年の前回大会で激闘の末、26年ぶり2度目の優勝を達成。今大会では、カワサキとして初となる連覇を目指す。

ライダーは、前回大会でエースライダーとして優勝に貢献し、またスーパーバイク界選手権(WSBK)で6連覇を達成したジョナサン・レイ、2020年シーズンよりジョナサン・レイのチームメイトとしてWSBKに参戦中で鈴鹿8耐優勝経験もあるアレックス・ロウズ、同じくWSBK参戦中のルカ・マイアスの3人。マシンは、2021年に登場した新型『Ninja ZX-10RR』の鈴鹿8耐仕様で参戦する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジョナサン・レイ《写真提供 カワサキモータースジャパン》
  • アレックス・ロウズ《写真提供 カワサキモータースジャパン》
  • ルカ・マイアス《写真提供 カワサキモータースジャパン》
  • ギム・ロダ監督《写真提供 カワサキモータースジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ