車窓サイネージ「Canvas」搭載タクシーを指定して配車、S.RIDEが新機能の提供開始

業界 レスポンス

車窓サイネージサービス「Canvas」を運営するニューステクノロジーとタクシーアプリ等を展開するS.RIDEは、タクシーアプリ「S.RIDE」を通じて「Canvas」搭載タクシーを配車する機能を7月20日より開始した。

Canvasは、都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す国内初の車窓モビリティサイネージサービス。5月31日より『JPNタクシー』100台で運用を開始。その後段階的に対象車両を増加し、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有するJPNタクシー全てに搭載していく予定だ。

今回、新たに追加する機能により、タクシーアプリ S.RIDEを通してCanvas搭載タクシーの指定配車が可能となる。利用者はタクシー配車時にCanvas搭載タクシーを指定して呼び出すことができ、広告主は配車から迎車時まで、ユーザーに対して一気通貫してサービスを訴求できる。また、ニューステクノロジーが運営するタクシー内モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISON GROWTH」を活用し、乗車中を含む移動導線全てをジャックしたイメージ訴求も可能となり、より効果的なプロモーション設計を実現する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 配車アプリ連動イメージ《写真提供 ニューステクノロジー》
  • Canvasタクシー《写真提供 ニューステクノロジー》
  • Canvasタクシー《写真提供 ニューステクノロジー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ