ボルボ XC40、PHEVモデルにエントリーグレード追加…価格は599万円

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは、コンパクトSUV『XC40』にプラグインハイブリットモデルのエントリーグレードを導入し、7月21 日より販売を開始した。

XC40は2018年3月にボルボ初のコンパクトSUVとして日本市場に導入。2021年上半期ではボルボブランドでの国内最量販車種となり、国内CセグメントSUVカテゴリーでも、同期間での輸入車最量販車種となるなど、幅広い年齢層から支持されている。

今回新たにプラグインハイブリットモデルのエントリーグレード「リチャージ プラグインハイブリッド T5 インスクリプション エクスプレッション」を導入。装備レベルを見直すことで、600万円を切る戦略的な価格(599万円)を実現している。

ボルボは、全車にハイブリッドパワートレーンの導入を完了するなど、電動化を強く推進。今回のプラグインハイブリッドのエントリーグレード追加により、リチャージモデルのさらなる販売増を計画している。

その他、カラーバリエーションや一部パワートレーンの変更をはじめとする、仕様および価格変更を行っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ボルボ XC40価格表《写真提供 ボルボ・カー・ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ