タイヤの空気漏れを防ぐ「コアシール」、住友ゴムが第1弾商品をドイツで発売

業界 レスポンス

住友ゴム工業は7月21日、タイヤの空気漏れを防ぐ「コアシール」技術を採用した第1弾商品「ファルケン ユーロオールシーズン AS210」をドイツで発売したと発表した。

コアシールはタイヤトレッド部の裏側にシーラント剤(粘着性・粘度のある特殊材料)を塗布する技術。トレッド部の裏側まで貫通する損傷が発生した場合、塗布されたシーラント剤が穴を塞いで空気漏れを防ぐ。パンク時でも空気圧を維持したまま走行可能なため、安全性の向上と、スペアタイヤ不要による省資源・軽量化・車両設計の自由度向上を同時に実現する。

発売サイズは235/55R18 104V XLおよび225/50R17 98V XL。

住友ゴムはコアシール以外にもランフラットタイヤ技術「ダンロップ セルフサポーティング テクノロジー(DSST)」を採用したタイヤの発売や、空気充填を不要としたエアレスタイヤ「ジャイロブレイド」の開発など、スペアレス技術の開発を積極的に推進。今後も安全性能と環境性能を両立させた商品開発を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • シーラント材を塗布したタイヤ内部《写真提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ