オートバックスセブンと日本カーシェアリング協会が災害支援協定

業界 レスポンス

オートバックスセブンと日本カーシェアリング協会は7月21日、災害支援協定を締結した。自然災害に対して、より迅速にかつ安定的に支援連携を実施していくために、体制を強化する。

自然災害の被災地に迅速に車を届けるための支援体制を強化。被災地の復旧に向け、車を被災した人が利用されるシェアリングカーの寄贈・運搬・メンテナンスなどの支援を行なう。

日本カーシェアリング協会とオートバックスセブンは、2016年の熊本地震の対応をきっかけに支援連携を開始し、その後の災害(九州北部豪雨、西日本豪雨、台風19号、佐賀豪雨、令和2年7月豪雨)においても協力し被災地の復旧を支援してきた。

主な連携内容として、オートバックスセブンが、車両の寄贈・車両運搬支援・被災地域でのメンテナンス支援などを行ない、日本カーシェアリング協会が被災地域で被災者の方へ車両の貸し出し、情報収集、その後の地域コミュニティサポートの運営などを行なう。

  • 高木啓
  • 令和元年(2019年)台風第19号災害の際に寄贈した車両《写真提供 オートバックスセブン》
  • 左:日本カーシェアリング協会の吉澤武彦代表、右:オートバックスセブンの小林喜夫巳代表取締役 社長執行役員《写真提供 オートバックスセブン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ