VWグループ、2025年の営業利益率目標を上方修正…8〜9%に

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は7月22日、年次総会を開催し、2021年上半期(1〜6月)の営業利益がおよそ110億ユーロ(約1兆4295億円)になる見通しを発表した。

フォルクスワーゲングループは、およそ110億ユーロの営業利益によって、前年同期の赤字から黒字回復を果たす。また、およそ110億ユーロの営業利益は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響を受けなかった2019年上半期の100億ユーロの営業利益を超える水準となる。

また、フォルクスワーゲングループは今回、2025年における営業利益率の目標を上方修正した。2021年11月にまとめる「プランニングラウンド(=5か年計画)70」の前提として、営業利益率目標を従来の7〜8%から、8〜9%に引き上げている。

フォルクスワーゲングループのヘルベルト・ディースCEOは、「パーソナルモビリティには明るい未来がある。強力なブランドとグローバルテクノロジープラットフォームにより、モビリティの新しい世界でも主導的な役割を果たしていく」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲングループの年次総会《photo by VW》
  • フォルクスワーゲングループの年次総会《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ