オージーケーカブトの新型フルフェイス「SHUMA」にグラフィックモデル、テーマは「燃え盛る炎と静けさ」

モーターサイクル レスポンス

オージーケーカブトは、6月より販売を開始した新型フルフェイス「SHUMA(シューマ)」にグラフィックモデル「SHUMA FRAME(シューマ フレイム)」を設定し、7月下旬より発売する。

SHUMAは、走行した瞬間から風を感じることができる、新設計のクーリングシステム「ウルトラクールシステム」を搭載。同社が長年培ってきた風洞実験やCFD解析により、走行時のヘルメットの角度に対し、同システムが最適な向きになるようレイアウト。エア導入を二手に分け、上方向へはシールドの曇りを軽減し、正面方向へは口元へダイレクトにエアを導入。低速域から風を感じることができるインパクトのある涼しさを実現した。

今回追加するFRAMEは、激しく燃え盛る炎と静けさを纏ったグラフィックモデル。SHUMAのスタイリッシュな造形に沿ってあしらった、燃えたぎるような炎をイメージしたトライバル模様と静けさを感じる火煙をグラデーションで表現し、奥行のあるデザインに仕立てた。

カラーは、フラットブラックレッド、フラットブラックブルー、パールホワイトブラックの全3色。サイズはXS(54-55cm)、S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm)、XL(61-62cm未満)の5種類。価格は3万1900円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • SHUMA FRAME《写真提供 オージーケーカブト》
  • SHUMA FRAME《写真提供 オージーケーカブト》
  • SHUMA FRAME《写真提供 オージーケーカブト》
  • SHUMA FRAME《写真提供 オージーケーカブト》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ