テスラ初のEVトラック『セミ』、納車開始を2022年に変更…電池と半導体不足の影響

エコカー レスポンス

テスラ(Tesla)は7月26日、同社初のEVトラックの『セミ』の納車開始時期を、2021年内から2022年に変更すると発表した。

セミはトレーラーの牽引に用いられるトレーラーヘッドのEVだ。電動パワートレインには、テスラのEVセダン、『モデル3』用がベースのモーターを4個、リアアクスルに独立して搭載する。0〜96km/h加速は5秒と、同クラスのディーゼルトラックの15秒に対して、大幅な性能向上を可能にしている。

1回の充電での航続は、およそ483〜805km。新開発の急速チャージャーを利用すれば、およそ640km走行分のバッテリー容量を30分で充電できる。

テスラは、このセミの納車開始時期を、2021年内から2022年に変更する。テスラはその理由について、バッテリーセルの不足と、グローバル規模でのサプライチェーンの問題(半導体不足)の影響、としている。

  • 森脇稔
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
  • テスラの電気トラック、セミ《photo by Tesla》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ