BMW、3輪電動アシスト自転車コンセプト発表---多用途性を追求

新車 レスポンス

BMWグループは7月26日、3輪電動アシスト自転車の『コンセプト・ダイナミック・カーゴ』(BMW Concept DYNAMIC CARGO)を欧州で発表した。

世界の多くの都心部で交通量が増えている。しかし、都市で生活する人々の移動に対するニーズは、依然として高い状態が続いている。 BMWグループは、パーソナルモビリティのプレミアムプロバイダーとしての役割を果たし、未来の住みやすい都市の創造に取り組んでいる。

◆2つの後輪が回り始めると同時にモーターによる電動アシスト開始

コンセプト・ダイナミック・カーゴは、コンパクトな3輪電動アシスト自転車のスタディモデルだ。俊敏性が高く、オプションが豊富で、1年を通して利用できる3輪電動アシスト自転車を目指している。荷物や子どもを乗せるだけでなく、レジャーのためのアタッチメントを追加することが可能で、さまざまに目的に合わせて使用できるようにした。

自転車は排出量がゼロであり、都市部で最も速く最も効率的な移動手段のひとつだ。しかし、雨や寒い日、路面が滑りやすい時には、多くの人々が自転車の代わりに車や公共交通機関を利用する。

現在欧州では、都市部の移動に車を使用する代わりの選択肢として、さまざまな3輪電動アシスト自転車が発売されている。ただし、多くの3輪電動アシスト自転車は、荷物や子どもを乗せる必要があるため、通常の自転車よりも幅が広く、長い。また、3輪電動アシスト自転車は重量が重いため、運転の敏捷性と取り扱いの面において、通常の自転車と比較して劣る部分も存在する。

コンセプト・ダイナミック・カーゴでは、ペダルを踏んで、2つの後輪が回り始めると同時に、モーターによる電動アシストが開始される。

◆後輪の上側にモジュラー式アタッチメントを装着可能

コンセプト・ダイナミック・カーゴの特長は、フロントのメインフレームにある。メインフレームは、ピボットアクスルを介してリアセクションに接続されており、コーナーでは傾く。一方、リアセクションは、コーナーでも傾くことなく、安定している。

非ピボット式アクスルを備えた後輪は、高剛性を追求した設計とした。通常の電動アシスト自転車と比較して、3輪電動アシスト自転車は、天候を問わず優れた乗り心地を実現するという。

また、後輪の上側のスペースには、多用途のピックアップスタイルの輸送プラットフォームのベースとしての役割を持たせた。この部分には、荷物や子どもを乗せるために、モジュラー式のアタッチメントを取り付けることができる。モジュラー設計によって、例えばサーフボードを積載するなど、さらに多くの用途が見込まれるという。非ピボット設計は、ユーザーが重量増をほとんど認識しないという利点があり、ライディング体験を快適にしながら、あらゆる荷物を安全かつ安定した輸送できる、と自負する。

◆コンセプトや技術を他社にライセンス供与することを協議

BMWグループは、コンセプト・ダイナミック・カーゴを市販化しない意向だ。ただし、そのコンセプトや技術を、他社にライセンス供与することを協議しているという。

BMWグループは、コンセプト・ダイナミック・カーゴはドライビングプレジャーと柔軟性を追求し、1年を通して使える最初のダイナミックなピックアップタイプの3輪電動アシスト自転車、としている。

  • 森脇稔
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
  • BMW コンセプト・ダイナミック・カーゴ《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ