ジェイテクト、低トルク・耐寒冷ロバスト向上ハブユニットを開発

テクノロジー レスポンス

ジェイテクトは7月28日、トルクの低減と極寒冷地でも高い密封性を発揮するシール用ゴム材を開発したと発表した。

自動車業界をはじめとしたモノづくり業界では、カーボンニュートラル達成に向け、これまで以上にエネルギー低損失化が求められている。そして、自動車のホイールを支えるハブユニットの低トルク化は、燃費に直結するため必要不可欠な技術となっている。

ハブユニットで発生するトルクの約半分はシール部で使用されているニトリルゴムが占める。このニトリルゴムは、様々な分野でシール材として使用されているが、低摩擦とゴム物性(強度・耐熱性・耐摩耗性など)を両立させることが課題となっていた。また、ニトリルゴムは耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に優れる一方、耐寒性が他のゴムより劣る。市場のグローバル化が進み、従来よりも過酷な環境で同社のハブユニットが使われることを想定し、シール用ゴムの使用可能温度範囲拡大とが重要課題となっていた。

ジェイテクトが開発したシール用ゴム材は、10%のシールトルク低減を実現。また、−40度以下の極寒環境下でも弾性を失わないため、シールの密封性を維持。北米やロシアなどの極寒冷地でもハブユニット内部への泥水浸入を防止できる。

今回開発したゴム材は、ハブユニットだけでなく、その他の自動車部品を含む各種産業にて活用可能。ジェイテクトでは、開発ゴム材を各自動車メーカー、産機分野各メーカーに提供し、低炭素社会実現への貢献を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • シートトルク比《図版提供 ジェイテクト》
  • ゴム材使用可能温度《図版提供 ジェイテクト》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ