豊田合成、新構造の運転席エアバッグ開発---北米向け新型シビックに搭載

テクノロジー レスポンス

豊田合成は7月28日、乗員をより安全に保護できる「新構造の運転席エアバッグ」を開発したと発表した。開発品は6月に北米で発売された新型ホンダ『シビック』に搭載されている。

運転席エアバッグはハンドル中央部に搭載され、前方からの衝突時に瞬時に膨らんで頭部や胸部への衝撃を軽減する。新製品は斜めからの衝突時の安全性能を高めるため、新たな構造を採用。膨らんだ際の球面にドーナツ状のくぼみを設けることで、斜めからの衝突時に頭部の回転を最小限に受け止める。

新製品は、北米などで厳格化が見込まれる車両の衝突安全アセスメントに対応している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 新構造の運転席エアバッグ《写真提供 豊田合成》
  • 斜めからの衝突時の頭部の動き《写真提供 豊田合成》
  • ホンダ・シビック新型北米仕様《photo by Honda》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ