4台に1台がタイヤ整備不良、表面損傷や残溝不足にも注意を---ダンロップ

テクノロジー レスポンス

住友ゴム工業は、4月8日から5月31日に「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施。点検の結果、パンクの原因となる「表面の損傷」をはじめとする整備不良が4台に1台の割合(25.0%)で確認された。

住友ゴムでは、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、空気圧、表面の損傷などの点検を行う「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を2008年から継続して行っている。今回はダンロップ直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)にて合計4260台のタイヤを点検した。

その結果、タイヤの整備不良率は25.0%。不良別では路上の障害物や縁石との接触などによって生じる表面の損傷が13.2%、残溝不足が12.0%、空気圧の過不足が11.6%、偏摩耗が2.3%、釘・異物踏みが0.1%と続いた。(各不良率は重複を含む)。例年は空気圧の過不足が最も多い整備不良となっていたが、今回は表面の損傷が多かったようだ。

同社では、ドライバーの安全・安心な走行をサポートすべく「DUNLOP安全・安心への取り組み特設サイト」を開設。同サイトでは、ドライバー自身でタイヤ点検を行えるよう、かんたんチェックシートや点検ポイントを写真やイラストを使って分かりやすく紹介している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • かんたんチェックシート《写真提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ