AIドラレコサービスに脇見運転警報機能 モビリティテクノロジーズが追加

テクノロジー レスポンス

モビリティテクノロジーズは7月28日、交通事故削減を支援する次世代AIドラレコサービス「ドライブチャート」のリアルタイム検知項目に新たに脇見警報機能を追加したと発表した。

「ドライブチャート」は車間距離不保持などを検知するとドライバーにリアルタイムで注意喚起している。また、危険シーンの検知機能として脇見運転がある、リアルタイム警報の追加を希望する導入企業のリクエストが多いため、今回、機能を追加した。

脇見運転は、スマートフォン操作などがあるが、脇見運転発生直後の気付きによって重大事故を避けることができるケースもある。このため、警報とともに、管理者へメール通知する。

脇見警報機能は、新たな車載機器の設置やオプションサービスとしての申し込み不要で、車載機器のソフトウェアアップデートのみで活用できる。

「ドライブチャート」はタクシーや営業車、走行距離の長いトラックなど、プロの現場で多く採用される交通事故削減支援サービスで、現在契約車両は約2万5000台。関東・中京・京阪神エリアを中心に全国に広がっており、中でも、営業車を保有する企業での導入が増加している。

  • レスポンス編集部
  • 「ドライブチャート」《画像提供 モビリティテクノロジーズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ