スバルの世界生産台数、4年ぶりプラスもコロナ禍前の2割減 2021年上半期

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は7月29日、2021年上半期(1〜6月)の国内販売・生産・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比4.6%増の37万9385台となり、4年ぶりに前年実績を上回った。

ただし、2019年上半期(48万8757台)との比較では22.4%減となり、コロナ禍前の水準には戻っていない。

国内生産は同6.9%増の24万2324台で5年ぶりのプラス。海外生産も同0.8%増の13万7061台と2年ぶりに前年実績を上回った。

国内販売は同9.1%増の5万8029台で4年ぶりのプラスとなった。登録車は同9.5%増の4万6827台、軽自動車は同7.7%増の1万1202台。ともに4年ぶりに前年同期実績を上回った。

輸出は同6.9%増の19万8663台で、4年ぶりのプラスとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スバル・レヴォーグ《写真提供 スバル》
  • スバル・フォレスター(北米仕様)《photo by SUBARU》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ