三菱自動車、総生産台数はコロナ禍前水準の76% 2021年上半期

業界 レスポンス

三菱自動車は7月29日、2021年上半期(1〜6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比17.0%増の51万5152台と、3年ぶりに前年実績を上回った。

ただし、2019年上半期(67万6606台)との比較では23.9%減となり、コロナ禍前の水準までには回復していない。

国内生産は同5.7%増の22万4117台、海外生産は同27.4%増の29万1035台。ともに3年ぶりのプラスとなった。

国内販売は同16.2%増の4万3900台で2年ぶりのプラス。登録車は同35.5%増の1万9468台、軽自動車は同4.4%増の2万4432台。国内シェアは2.0%で前年同期から0.1ポイントアップした。

輸出は同4.7%減の11万5988台で3年連続のマイナスだった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱eKクロススペース《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ