ホンダ、電動ロボット草刈機『グラスミーモ』発売…最大4000平米に対応

テクノロジー レスポンス

ホンダは7月29日、広範囲な敷地に対応する電動ロボット草刈機『Grass Miimo(グラスミーモ)』を発売した。

グラスミーモは、設定した範囲の草刈作業を、指定したプログラムに従い自動で行う電動ロボット草刈機。あらかじめ設定したエリアワイヤー(電線)が発信する信号で草刈りエリアが区切られ、境界線を検出するとグラスミーモは方向転換する。17.6Wの強力モーターにより、最大登坂能力25°を実現。傾斜自律制御システムを搭載し、傾斜地や起伏のある場所でも高い直進性能を発揮する。

バッテリー残量が少なくなると、グラスミーモは自動で充電ステーションに戻り充電。最大4000平米の草の高さを一定に保つことができる。また、曜日ごとに稼働時間を細かく設定可能。バッテリー駆動で動作音も気にならないので、業務時間中や夜間などニーズに合わせた設定ができ、刈り揃えられたきれいな草地を実現する。2017年6月に発売したロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」が校庭緑化や企業庭園、一般家庭の芝刈り向けであるのに対し、グラスミーモは果樹園など広範囲の敷地に生える雑草も刈ることができ、草刈作業の省力化・効率化に貢献する。

また、グラスミーモはスマートフォンやタブレット端末による遠隔操作・監視を可能とする専用アプリ「Mii-monitor(ミーモニター)」に対応。グラスミーモ本体に付属した通信端末のTCU(telematics control unit)と、アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末間の通信により、作業指示やリアルタイムでの作業状況の確認、さまざまな設定変更などができる。また本体が停止したり異常が発生したりした場合は、スマートフォンなどを介してユーザーへエラーメッセージを通知。離れた場所からでも安心して草刈作業を実施できる。

価格は64万3500円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Mii-monitor操作画面《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ