災害時の車両提供、日本ミシュランと日本カーシェア協会が連携

業界 レスポンス

日本ミシュランタイヤは7月28日、日本カーシェアリング協会と「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」を締結したと発表した。

ミシュランは、2011年に発生した東日本大震災直後から日本カーシェアリング協会の活動に賛同、10年間にわたって全国から寄付で集められた支援車にタイヤを提供してきた。

大規模災害時では被災者が車を失うことも多く、被災直後の片付けや生活再建のための行政手続きにも車による移動が欠かせない。協定は被災地に車両を無償提供する日本カーシェアリング協会が事務局となって平時から企業や団体、自治体が連携して、災害が起きた際、効果的なモビリティ支援を迅速に行うことを目的としたもの。

日本ミシュランタイヤの須藤 元社長は協定締結で「災害時に必要とされるタイヤをいち早く供給し、被災者への確実なモビリティ支援を実現し、そしていち早い復興の助けとなるよう願っている」としている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ