アストンマーティン、売上高は3.4倍と回復 2021年上半期決算

業界 レスポンス

アストンマーティン(Aston Martin)は7月28日、2021年上半期(1〜6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、上半期の売上高は4億9880万ポンド(約763億円)だった。前年同期の1億4600万ポンドに対して、およそ3.4倍と回復を果たした。

一方、上半期の最終損益は、3800万ポンド(約58億円)の赤字だった。前年同期の1億5930万ポンドの赤字から、赤字幅が縮小している。

前年同期は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により、新車販売が減少した。今期は新車販売が回復傾向にあり、赤字の縮小につながった。

アストンマーティンのローレンス・ストロール会長は、「世界クラスのリーダーシップチームを任命し、需要と供給のバランスを取りながら、財務面を強化していく。パートナーのメルセデスベンツが、電動化への道筋を含めて、将来の製品計画を支えている」と述べている。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン DB11《photo by Aston Martin》
  • アストンマーティン DBX《photo by Aston Martin》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ