【ソーラーカーレース鈴鹿】ラスト鈴鹿はオリンピアクラスのRED ZONEが5連覇達成…エンジョイクラスは松工が初優勝

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットで31日、FIAエレクトリック&ニューエナジー・チャンピオンシップ ソーラーカーレース鈴鹿2021が開催され、最高峰クラスの5時間レースではTEAM RED ZONEが5大会連続の総合優勝を飾った。

1992年から開催され、1994年にはFIA(国際自動車連盟)カップとなり現在まで続いてきたソーラーカーレース鈴鹿だったが、2020年10月、「技術が進化し代替エネルギーのトレンドも変化した現在の社会状況のなかで、ソーラーカーレースがこれまで担ってきた役割を果たした」との理由で、2021年大会をもって終了することが発表された。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっており、2年ぶりの開催となったが、29回目を迎える今回が最後のソーラーカーレース鈴鹿となる。

最高峰クラスのレースとなる5時間レースには、FIA規格のオリンピアクラスに11台、国内規格で自由度の高いドリームクラスに7台、ソーラーパネルの出力が制限されている国内規格のチャレンジクラスに6台の、計24台が参戦してきた。

ポールポジションからスタートするのは2019年まで総合4連覇しているTEAM RED ZONE。2番手からは芦屋大学ソーラーカープロジェクトがスタートする。RED ZONEは芦屋大学のOBを中心としたチームで、兄弟チームがフロントローに並んだわけだ。序盤はこの2台で逃げる展開かと思われたがRED ZONEは徐々に芦屋大学を引き離し、独走状態に持ち込みかけた。

ところが8周目、RED ZONEが緊急ピットイン。短時間の修復でトップのままコースに戻ったが、5番手スタートから徐々に追い上げてきた柏会が芦屋大学を抜いて、ついにRED ZONEをも抜いてトップに浮上してきた。これで柏会、RED ZONE、芦屋大学の順となり、その後ろにはピットスタートから追い上げてきたKAITソーラーカープロジェクトが付け、4台によるトップ争いが繰り広げられた。

連続走行は1時間半までと決まっているため、1時間が過ぎた辺りからルーティーンのピットストップが始まった。ここでKAITはドライバー交代に大きく時間がかかり、トップに浮上していたが4位まで転落。走行のペースはいいのだが、その後もピットストップのたびに後退し、優勝争いからは脱落していった。

RED ZONEは柏会に追われる場面もあったが、ペースが落ちることなく順調にトップで周回を重ね、最終的に後続に1周以上の差をつけて優勝。初参戦の2015年から6回連続クラス優勝を果たすとともに、ドリームクラスを下してオリンピアクラスが初めて総合優勝した2016年から5回連続総合優勝を飾った。チェッカードライバーを務めた三瀬剛選手は「最後の鈴鹿なので、いろんな記録に挑戦しました。金曜日にコースレコード更新は達成。レース中もファステストラップを取りました。最多周回数も狙ったけど、ファステストラップのために電力を消費しすぎてて、これは無理でしたが。でも5連覇で有終の美を飾ることができました」とコメントした。

2位は柏会。終了直前まで激しいバトルの中、KAITが芦屋大学を下して3位でチェッカーを受けた。

ソーラーパネルの出力が480w以下のエンジョイIクラス(18歳未満の高校または高等専門学校の在学生が中心のチーム)・エンジョイIIクラス(エンジョイIクラス以外)混走の4時間レースは、3番グリッドのオリンパスRS(関博之/唐澤雅喜/中野博斗)がスタートでトップに立ち逃げ始めたが、すぐにポールポジションスタートのMTHS松工ソーラーカーチーム(黒坂昇吾/森准平/杉谷直紀)が追いつき、2台はランデブー走行をしながら後続を引き離し始めた。1時間が経過するとMTHS松工ソーラーカーチームがトップに浮上。そして3位のSTEP江東(飯田茂/喜多洸介)がこの2台に追いつき、3台でトップ争いを始めた。

しかしMTHS松工ソーラーカーチームは徐々に後続を引き離しトップを快走。最終的に2位に1分以上の差をつけて初優勝を飾った。エンジョイクラスがスタートした1998年から地元三重県勢が優勝したことはなく、最後の鈴鹿ソーラーカーレース、エンジョイクラスは初の地元勢優勝で締めくくられた。

■5時間レース総合トップ3(オリンピアクラストップ3)

1. TEAM RED ZONE

2. 柏会

3. KAITソーラーカープロジェクト

■5時間レース ドリームクラストップ3

1. THE BLUE STARS

2. Team宮工(宮崎工業高校)

3. 愛知工業大学チャレンジプロジェクト

■5時間レース チャレンジクラストップ3

1. Team MAXSPEED

2. Cabreo

3. 堺市立堺高等学校 科学部

■4時間レース総合トップ3

1. MTHS松工ソーラーカーチーム(エンジョイI)

2. オリンパスRS(エンジョイII)

3. STEP江東(エンジョイII)

  • 藤木充啓
  • 5時間レース表彰式《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レースで総合優勝したTEAM RED ZONEのドライバー《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レース総合2位の柏会《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レース総合3位のKAITソーラーカープロジェクト(手前)《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レースドリームクラス優勝のTHE BLUE STARS《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レースチャレンジクラス優勝のTeam MAXSPEED《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レーススタートシーン《写真撮影 竹内英士》
  • 4時間レースで総合優勝したMTHS松工ソーラーカーチーム《写真撮影 竹内英士》
  • 4時間レーススタートシーン《写真撮影 竹内英士》
  • 4時間レースで総合優勝したMTHS松工ソーラーカーチーム《写真撮影 竹内英士》
  • 4時間レース総合2位のオリンパスRS《写真撮影 竹内英士》
  • 4時間レース総合3位のSTEP江東《写真撮影 竹内英士》
  • 5時間レース総合優勝のTEAM RED ZONE《写真撮影 竹内英士》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ