ヤマハ、クロスカントリー競技用『YZ250FX』2022年モデル4機種発売へ

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、マイナーチェンジした『YZ250FX』を始めとする、クロスカントリー競技用「YZシリーズ」2022年モデル4機種を10月28日に発売する。

YZ250FXは、クリーナーボックスのキャップケースにダクトを設け、流入空気量をアップさせることで中高回転域でのパワーアップを図った。また、排気側のカムプロフィールを変更。オーバーラップを減らしてワークアングルを最適化することで低中速での扱いやすさを向上している。

このハイパワー化にあわせ、カムチェーンテンショナーは、伸・圧コイル併用の従来式を継続した上で、伸側コイルのスプリング特性を最適化し、高回転域での滑らかな作動性を確保。さらに、さまざまな走行環境への対応力を広げるため、新たなFIマップを織り込み、最適セッティングを施したECUを採用した。なお、バランサーはウエイト位置をギア4歯分位相して、発生する一次慣性力の「方向」と「大きさ」を調整、低中速回転域での体感振動を低減している。

2022年モデルでは、タンクレールとダウンチューブの肉厚を最適化して搭載した、2021年「YZ250F」と同一のバイラテラルビーム・フレームを採用している。またエンジン懸架ブラケットの形状をクロスカントリー向けにチューニングし、出力向上を果たしたエンジンと最適化。良好な接地フィーリング、ギャップでの路面情報フィーリング、軽快なハンドリングなどを支えている。

マフラーは2021年モデル比で容量を340ccアップし、減衰特性を最適化することで高周波音を抑え、低周波中心のトルクフルなサウンドを奏でる。高回転域では、滑らかに吹けあがるエンジンフィーリングを実現。環境への配慮と不快な音を軽減し、長時間走行時のライダーの負担低減にもつなげる。

フロントブレーキは、ピストンサイズを22.65mmから25.4mmに大径化。キャリパーは形状の見直しで剛性を30%アップさせた。さらに摩擦力の安定性に優れたパッド材を採用し、面積を25%拡大、270mm径のローターはステー部の形状を変更することにより重量を増やさずにパッドとの接触面積を16%拡大している。リアブレーキは、ローター形状を変更し、制動力を維持したまま軽量化し、熱容量バランスの最適設計により熱歪みを抑制。システム全体で現行比120g軽量化している。

エンジンの特性をスマホでチューニングする「パワーチューナー」は、推奨マップのバリエーションをモディファイ。幅広いシチュエーションに対応できるようにした。特性が似ていた「MX Power Feeling」と「High Revving」は「MX Power Feeling」に統合。さらに[MAP1]に設定していた「Mild Power」を廃止し、これに替え[MAP2]への推奨マップとして「Hard Terrain for MAP2」を設定。[MAP2]よりマイルドで、よりテクニカルなコースでもパワーを扱えるような特性とした。また、ECU MAPは日本のシチュエーションに最適化した専用セッティングとした。

価格はYZ250FXが97万9000円。YZ450FXは112万2000円、YZ250Xは74万8000円、YZ125Xは63万8000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YZ450FX 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ450FX 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ250FX 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ250X 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ250X 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ125X 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
  • ヤマハ YZ125X 2022年モデル《写真提供 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ