静的バス情報フォーマットを改訂…MaaS推進 国交省

テクノロジー レスポンス

国土交通省は7月30日、静的バス情報フォーマット(GTFS-JP)を改訂し、バスに関する情報提供を促進すると発表した。

国土交通省では2017年3月に、経路検索に必要な時刻表や運行経路など、静的情報を統一された様式でデータ化する方法を「標準的なバス情報フォーマット」(GTFS-JP)として設定した。GTFS-JPの普及に向けた様々な関係者による取り組みにより、バス事業者に加え、経路検索事業者、地方自治体などがGTFS-JPによるデータ整備が行われてきた

近年、普及が進んでいるMaaS(モビリティアズアサービス)ではデータ連携が不可欠で、GTFS-JPによるデータ整備は普及の一助となっている。今後のデジタル化の進展を見据え、バス事業におけるデータ化・デジタル化の重要性が高まる。GTFS-JPによるデータ整備も重要になるため、データ整備に関する最新の環境変化を踏まえてGTFS-JPを改訂するとともに、フォーマットの仕様書を第3版として改訂した。

これによってバスに関する情報提供がより促進されるほか、MaaSにより、バスも含めたモード横断的なサービスが提供される見通し。

  • レスポンス編集部
  • バス情報フォーマットの改訂内容の概要《画像提供 国土交通省》
  • バス情報フォーマットの改訂内容の概要《画像提供 国土交通省》
  • バス情報フォーマットの改訂内容の概要《画像提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ