シボレー カマロ に9.4リットルV8搭載、ドラッグレーサー「COPO」に2022年型…米国発表

モータースポーツ レスポンス

GMのシボレーブランドは7月30日、『COPO カマロ』(Chevrolet COPO Camaro)の2022年モデルを米国で発表した。

COPO カマロは、米国を中心に人気の高いモータースポーツで、2台が0-400mの直線で加速性能を競うドラッグレースに参戦するために開発された競技専用車だ。

2022年モデルでは、最大で9.4リットル(572立方インチ)の排気量を備えたV型8気筒ガソリンエンジンが用意される。このビッグブロックV8は、現行シボレー車で最大の排気量であり、オリジナルの1969年のCOPOカマロの精神を現在に伝えるものになるという。

9.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンには、4ボルトのメインキャップ、アルミ製ヘッド、鍛鋼製クランクシャフト、鍛造鋼製コネクティングロッド、鍛造アルミ製ピストン、鋳鉄製ブロックを採用している。

COPO カマロの2022年モデルには、カーボンファイバー製フードとウイリーバーが標準装備された。オプションでトランクのウェイトボックスやパラシュートが選択できる。

なお、9.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するCOPOカマロの2022年モデルの米国ベース価格は、10万5500ドル(約1157万円)と発表されている。

  • 森脇稔
  • シボレー COPO カマロ の2022年モデル《photo by Chevrolet》
  • シボレー COPO カマロ の2022年モデル《photo by Chevrolet》
  • シボレー COPO カマロ の2022年モデル《photo by Chevrolet》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ