ミシュラン、高性能EV向けスポーツタイヤ発売…フォーミュラEで培った技術を応用

エコカー レスポンス

日本ミシュランタイヤは、「ミシュラン パイロット」シリーズに高性能EV・ハイブリッド車向けのスポーツタイヤ「ミシュラン パイロットスポーツEV」を追加し、9月より順次発売する。サイズは19インチから21インチまでの計5サイズで、価格はオープン。

近年、自動車の電動化が加速。軽自動車からコンパクトカーや乗用車、SUV車など、多種多様な車両にその広がりを見せている。スポーツカーも例外ではなく、高出力でハイパフォーマンスなスポーツEVやスポーツハイブリッド車が普及しつつある。

新製品は、スポーツカーユーザーが本来求める安全性能とドライビングの悦びを失うことなく、電動車特有の性能に適合させたスポーツEV・スポーツハイブリッド車向けスポーツタイヤだ。

電動化されたスポーツカーは、一般的な電動車と比べバッテリー搭載量が大きく、ハイパワーで消費電力が大きいことが特徴。ミシュラン パイロットスポーツEVは、スポーツタイヤでありながら転がり抵抗を抑制することで効率的に車両の出力を路面へ的確に伝え、車両本来のパフォーマンスを最大化させながら環境負荷低減にも貢献する。

トレッドセンター部にはフォーミュラEのレース用タイヤ技術を応用した新開発の「エレクトリックグリップ コンパウンド」を採用。高いグリップ力を発揮し、パワーを確実に路面に伝える。ショルダー部にはエナジーロスの少ない「グリーンパワー コンパウンド」を、スチールベルトには強度と軽さを併せ持つ新素材を採用し、転がり抵抗を低減。また、内部構造の適正化により、トレッド面のより均一な接地圧分布を実現し、偏摩耗を抑制する。

さらに、タイヤの内側に貼り付けられた専用設計の特殊フォームによって、路面状況の変化や凸凹した段差、道路のつなぎ目を乗り越える際に発生するノイズ(空洞共鳴音)に有効に作用。ドライバーと同乗者に快適な車内環境を提供とともにノイズが減少することでロングドライブでの疲労軽減に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2021フォーミュラEタイヤ(左)とミシュラン・パイロットスポーツEV(右)《写真提供 日本ミシュランタイヤ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ