路上駐車経験者は減少傾向、初めて3割を下回る…パーク24調べ

業界 レスポンス

パーク24は、8月9日「駐車場(パーク)の日」を前に、路上駐車防止の啓発活動の一環として、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に、駐車に関する意識調査を実施した。

今回のアンケートでは、90%の人がクルマの運転中に「路上駐車が原因で危険を感じた経験がある」ことがわかった。過去5年の調査でも約9割となっており、傾向に変化はなかった。

また、「2年以内に路上駐車をした経験がある」という回答は29%となった。アンケートを開始した2013年は45%となっていたが、以降、継続して減少傾向にあり、今回、初めて3割を下回った。

路上駐車をした理由については、「駐車場にとめるほどの時間ではなかったから」が53%で最多。次いで「近くに駐車場がなかった」が30%、「駐車場が満車だったから」が3%となっており、約3人に1人は駐車場にとめたくてもとめられないことを理由に路上駐車をしている。この傾向は2014年から大きな変化はなく、駐車場不足が影響しているようだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2年以内に路上駐車をした経験があるか《図版提供 パーク24》
  • 路上駐車した理由《図版提供 パーク24》
  • 路上駐車した理由(過去の調査結果)《図版提供 パーク24》
  • タイムズ駐車場《写真撮影 高木啓》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ