横浜ゴム、売上・利益ともに過去最高を達成…国内外でタイヤ販売回復 2021年1-6月期決算

業界 レスポンス

横浜ゴムは8月11日、2021年1〜6月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。主力のタイヤ事業が国内、海外ともに大きく回復し、過去最高の売上収益、利益を達成した。

タイヤ事業は売上収益、事業利益ともに前年同期を上回った。新車用タイヤの売上収益は、世界的な半導体不足の影響があったものの、国内、中国における市況の回復により、全体では前年同期を大きく上回った。市販用タイヤの売上収益は、積極的な高付加価値品の拡販や旺盛な需要への生産対応などに努めたほか、国内で年初の冬用タイヤの販売が好調だったことから国内、海外ともに前年同期を大きく上回った。

MB(マルチプル・ビジネス)は売上収益、事業利益ともに前年同期を上回った。ATGは農業機械用・産業車両用タイヤをはじめとするオフハイウェイタイヤ(OHT)が旺盛な需要に支えられ好調に推移したことなどにより、売上収益、事業利益ともに前年同期を上回り過去最高益を達成した。

これらの結果、全体の売上収益は前年同期比27.7%増の3039億円、事業利益は約13倍となる263億円、営業利益は約16倍となる486億円、四半期利益は約29倍となる369億円、いずれも過去最高を達成した。

好調な業績を受け、通期の業績予想を上方修正。売上収益6550億円(前回予想比+150億円)、事業利益515億円(同+15億円)、営業利益735億円(同+20億円)、当期利益575億円(同+15億円)とした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ