ローソン、都内で弁当配送にFCトラックを活用…実証実験開始

業界 レスポンス

ローソンは8月10日、トヨタ自動車と日野自動車が共同開発した燃料電池(FC)小型トラックを東京都大田区の配送センターに導入したと発表した。

今回導入するFC小型トラックは、日野『デュトロ』をベースに2代目トヨタ『MIRAI』のFCユニット(FCスタック・水素タンクなど第2世代FCシステム)を活用し、動力および冷蔵・冷凍用ユニットなどの電源を燃料電池化。満充填での航続距離は約260km、最高速度は80km/h。

今回、FC小型トラックの実用性・利便性を検証するために、東京都大田区の低温配送センターに1台導入。7月30日より走行実証実験を開始し、東京都内のローソン約20店舗への弁当やおにぎりの配送を行っている。今後、走行実証実験による評価を踏まえ、社会的・ビジネス的観点にて実用化可能かどうか検証していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ローソンが導入したFC小型トラック《写真提供 ローソン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ