MINIのEVに“ストリップ”、ポール・スミスと共同開発…素材むき出し

モータースポーツ レスポンス

MINIは8月12日、ポール・スミスとのコラボレーションで開発したワンオフモデル、MINI 『STRIP』を英国ロンドンでワールドプレミアした。

MINI STRIPは、自動車製造における持続可能性というテーマへの革新的なアプローチに主眼を置いた。「シンプルさ、透明性、持続可能性」をテーマに、車両デザインに、より持続可能なアプローチを可能とするための刺激的なアイデアを提示することを目指したという。

ワンオフモデルのベース車両は、MINIハッチバックのEV「クーパーSE」だ。まず、車両全体で不要なアイテムが取り除かれた。続いて、デザイナーが絶対に不可欠と考えた要素のみを定義し、装備した。そこには、持続可能性が前面に押し出されているという。

◆車体は塗装なしで工場での研削痕を意図的に残す

エクステリアは、カラー塗装は使用せず、ボディはむき出しの状態。薄く透明な塗膜のみがボディを腐食から保護している。亜鉛メッキ鋼板は、工場での研削痕を意図的に残した。ポール・スミスは、この意図的にむき出しに見せる表面効果を、「完璧な不完全さ」と呼ぶ。

MINI特有のブラックベルトのパーツは、再生プラスチックから3Dプリントされ、パネルと同様にむき出しの素材のままとした。ポール・スミスのアイデアで、ボディパーツには目に見えるボルトが使用された。これは取り外しが容易で、車両がそのライフサイクルを終えた後、原材料サイクルに簡単に組み入れられることを示すものだという。前後バンパーのインサートは、3Dプリント製だ。

EVならではのグリルカバーとホイールのエアロプレートは、再生プレキシガラス製とした。これにより、軽量化だけでなく、資源も節約する。大型パノラマサンルーフも再生プレキシガラス製だ。

ドアを開けると、典型的なポール・スミスのストライプが見えるインテリアとした。細いカラフルなラインや5色のストライプをあしらった。充電リッドには、開いた状態でネオングリーンのカラーアクセントを添えた。充電リッド上の刻印されたコネクターの図案は、ポール・スミス自身が作成したものだ。

◆ダッシュボードやリアシェルフ以外のトリムパーツを取り除く

インテリアは、ダッシュボード、トッパーパッド、リアシェルフ以外のすべてのトリムパーツを取り除き、ボディシェルが見えるようにした。むき出しの素材部分は、ポール・スミスの要望により、ブルーで塗装された。

通常は複数のパーツを使うダッシュボードは、1枚の大きな半透明ガラスのみで構成されている。クラシックなセンターメーターパネルに代わり、スマートフォンがその役割を担う。スマートフォンがセンターディスプレイの位置に置かれると、自動的に車両に接続され、メディアコントロールンターになる。室内の唯一の触覚的な操作スイッチは、センタースタックの下にあるパワーウィンドウとスタート&ストップ機能用のトグルだ。

「サステイナビリティ(持続可能性)」の観点から、内装にはレザーとクロームはまったく使用されていない。その代わりに、シートはニットテキスタイルで覆われた。単一素材として装備することで、パイピングを含むシートカバーを完全にリサイクルできるようにした。フロアマットは、再生ゴム製。人造大理石のようなパターンは、再生と製造プロセスの副産物という。

ダッシュボードのトッパーパッド、ドアネル、リアシェルフも素材を再生コルクに変更した。ここで使用されているコルクは、人工的な結合剤なしで成形でき、完全にリサイクル可能という。リサイクルの可能性と再生可能な素材としてのコルクは、その製造中にCO2を結合するため、温室効果ガスを節減する可能性が見込まれる。さらに、多孔質性の素材として、ニットとコルクは室内音響にプラスに作用するという。

◆内蔵エアバッグが見えるステアリングホイール

ステアリングホイールは、必要最小限の機能に絞り込まれた。ステアリングホイールのリムは、ハンドルバーテープが巻かれている。3本のアルミスポークが、ホーンパッドと接続されており、ホーンパッドはネットだけで覆われ、エアバッグが見える。目に見えるボルトは、エクステリアと同様に、アルミを再利用できるように、後で簡単に取り外すことができることを示している。1時の位置には、小さなポール・スミスのファブリック・ラベルが添えられた。

ドアパネルは、エアバッグを覆っているのと同じネット製だ。フレームで保持され、ドア構造が見えるようにした。見る角度によって編み込まれたネットの透け具合が変化する。コルク製のドアパネル部分にあるプルグリップには、クライミングロープが巻かれた。ドアオープナーは、アルミ削り出し。ルーフフレームは、エアバッグカートリッジが見えるように設置されている。室内の目に見えるむき出しのケーブルと同様に、車両構造において、基本的に表には出ない機能を意図的に演出する狙いがあるという。

ポール・スミスは、「伝説的なMINIを、新たな視点で捉え直す機会が与えられたことに感謝している。本質的なものを洗い出し、アイテムを絞り込み、自動車から不要なものを取り除くことで、特別なものを一緒に作り出したと信じている」と語っている。

  • 森脇稔
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」《photo by MINI》
  • MINIのEVのワンオフモデル「STRIP」とポール・スミス《photo by MINI》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ