ランボルギーニ カウンタック「LP112」の意味…新型は限定112台

新車 レスポンス

ランボルギーニは8月13日、『カウンタックLPI 800-4』(Lamborghini Countach LPI 800-4)を発表した。新型は初代登場の50周年を記念して、世界限定112台が生産される。初代の社内コードネームが「LP112」だったことにちなんで、新型の販売台数を112台にしたわけだ。

初代カウンタックは、1971年に発表されている。ではそのコードネームあるいはプロジェクトネームの「LP112」にはどのような意味があるのだろうか。博物館やレストアなどランボルギーニの歴史部門の事業をてがける「ポロ・ストリコ」のマッシモ・デルボーさんは次のように説明する。

「LPのLはLongitudinaleで“縦”、PはPosterioreで“後方”のこと」。エンジンを運転席後方に配置、すなわちミッドシップを示唆する。Pはミッドシップを意味しないことに注意されたい。これらの文字と意味は仕様名にも用いられており、ご存知の読者も少なくないだろう。

つぎは「112」だ。「先に出てくる『1』は“最初”を意味し、“最初のLPレイアウト”を意味する。続く『12』は“12気筒”だ」と、デルボーさん。カウンタックのさらに先代にあたる『ミウラ』は12気筒エンジンを横置きにしていた。また当時のランボルギーニは、V12だけだったエンジンバリエーションをV8やV10に拡大しつつある時期だった。

つまり「LP112」は「エンジン縦置きミッドシップレイアウト1号、12気筒エンジン搭載」という意味になる。

  • 高木啓
  • カウンタック新型とランボルギーニのステファン・ヴィンケルマンCEO(ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング2021)。《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック新型、ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング2021で発表《photo by Lamborghini》
  • フランクフルトモーターショー1975に展示されたランボルギーニ・カウンタック。当時の価格は10万4000ドイツマルク。《Photo by Roland Witschel/picture alliance via Getty Images/ゲッティイメージズ》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
  • ランボルギーニ・カウンタック初代《photo by Lamborghini》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ