スマートドライブ、マレーシアでEV充電設備の最適化を支援するシステムを開発実証

エコカー レスポンス

スマートドライブは8月18日、マレーシア・セランゴール州で電気自動車(EV)普及を支援する「EVモビリティデータプラットフォーム」の開発を実証すると発表した。

同社では日本での多数のEV関連実証実験で得てきた知見やノウハウを活用し、効率的な EV充電ステーションの設置シミュレーションやデータ活用によって新たな価値創造に寄与する「EVモビリティデータプラットフォーム」の構築を、マレーシアの現地パートナー企業と連携しながら8月から2022年1月まで実施する。

実証事業はJETROの「日ASEAN におけるアジアDX促進事業」に採択された。

同社では、マレーシアの現地法人が現地企業や日系企業のパートナー、政府機関と連携して東南アジア市場に合わせて機能開発したテレマティクスサービスを2021年2月から提供している。マレーシアでの事業拡大を足がかりに、同様の課題に直面する近隣諸国に展開、東南アジアで移動に関する社会課題の解決に取り組んでいる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ