ボッシュのドライバーレスパーキング、メルセデスベンツと共同開発…IAAモビリティ2021で実演へ

テクノロジー レスポンス

ボッシュ(Bosch)は8月16日、ドイツで9月に開催される「IAAモビリティ2021」において、ドライバーレスパーキングの実演を行うと発表した。

IAAモビリティ2021では、ボッシュとプロジェクトパートナー9社が、ドライバーレスパーキングの実演を行う予定だ。ボッシュとメルセデスベンツが共同開発した自動バレーパーキングシステムでは、スマートフォンで車両を自動操作して、指定の駐車スペースに停めることが可能。ドライバーが運転する必要はない。

このシステムは、インテリジェントな駐車場インフラと車両側のテクノロジーの相互作用によって実現される。駐車場内に設置されたセンサーが、車両が進む経路と周囲をモニターし、車載テクノロジーが、インフラからの指示を安全に運転操作に変換するという。

ドイツ自動車工業会(VDA)との共同プロジェクトでは、異なるメーカーの車両でも、将来的にはさまざまなサプライヤーのインフラテクノロジーとの通信が可能になることが証明されたという。これを背景に、各プロジェクトパートナーは国際規格(ISO 23374)に準拠した開発にも取り組んでいる。

なお、IAAモビリティ2021でのドライバーレスパーキングの実演は、メッセ西駐車場で1日数回を予定している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ