北海道石狩市でロボットシェア配送の実証実験---車道を無人走行

テクノロジー レスポンス

京セラコミュニケーションシステムは、無人自動配送ロボットによる工業地域向けロボットシェアリング型配送サービスの実証実験を、北海道石狩市石狩湾新港地域の公道で8月16日から開始した。京セラコミュニケーションシステムが8月17日に発表した。

実証実験では、地域内の事業者でシェアリングする無人自動配送ロボットが、小売店商品や企業間輸送貨物などを配送する。

これまで国内で実施されている自動配送ロボットの公道走行実証では、主に小型・低速のロボット1による歩道での走行が主流。今回の実証では、広域にわたる工業団地での共同利用・効率的な配送を想定し、従来よりも大型・高速なロボットに複数サイズのロッカー20個を搭載して車道を走行する。無人の自動配送ロボットが車道を自動走行する試験は国内で初の取り組みとなる。

実証実験は9月中旬まで実施する。無人自動配送ロボット1台が地域内の小売店商品や企業間輸送貨物を集荷、効率的なルートを選択・走行して配送する。ロボットへの荷物の預け入れ、荷物の受け取り、ロッカーの開閉などはスマートフォンで管理する。北海道石狩市石狩湾新港地域の一般車が走行する車道を走行する。走行エリアの外周は3kmで走行ルートの総長は5km。

  • レスポンス編集部
  • 実証実験で使用する無人自動配送ロボット《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 実証実験で使用する無人自動配送ロボット《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 実証実験で使用する無人自動配送ロボット《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 実証実験で使用する無人自動配送ロボット《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 実証実験で使用する無人自動配送ロボット《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ