【ルマン24時間】トヨタが4連覇達成、小林可夢偉は悲願の初優勝!!

モータースポーツ レスポンス

2021年ルマン24時間レースの決勝が8月21〜22日に行なわれ、ハイパーカー・クラスの「トヨタGR010 HYBRID」が1-2フィニッシュ、トヨタは4年連続のルマン総合優勝を達成した。優勝は7号車で、小林可夢偉ら3人のドライバーにとっては悲願のルマン初制覇となっている。

ウエットコンディションで始まった第89回ルマン24時間レース(2021年世界耐久選手権=WEC第4戦)の決勝は、実質的な開戦を迎えた直後、いきなり最上位カテゴリーの「ハイパーカー・クラス」内で接触事故があり、「トヨタGR010 HYBRID」の8号車が一旦は大きく遅れるという不穏な雰囲気の幕開けになった。

その後もいろいろな出来事があちこちで続く流れとなり、トヨタGR010の2台にしても決してトラブルフリーというような余裕のレース運びには見えず、実際に燃料システム関連の問題が両車に出るなどしていた。それでも「対他的」に見る限りは総合1-2濃厚な展開となっていき、最後は好天のもとでトヨタGR010がランデブー走行、1-2フィニッシュを飾るのであった。

ハイパーカー時代最初のルマンでも勝ったトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)は、これで2018年から4年連続のルマン総合優勝。1-2フィニッシュは2年ぶり3回目となっている。

2021年の優勝は7号車の小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ-マリア・ロペス。過去3年の成績が2位〜2位〜3位だった3人にとっては、悲願のルマン初制覇となった。8号車の中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレーは2周差の2位。一貴とブエミは4連覇ならず、ハートレーを含めた3人組としては2連覇ならず、という結果だった。

(*本稿の内容はレース終了直後の状況に基づくもの。コメント等を含む詳報は追って掲載)

  • 遠藤俊幸
  • 凱旋する#7 トヨタGR010。《Photo by TOYOTA》
  • 優勝の7号車トリオ。左からコンウェイ、可夢偉、ロペス。《Photo by TOYOTA》
  • 優勝した#7 トヨタGR010(小林可夢偉組)。《Photo by TOYOTA》
  • 優勝した#7 トヨタGR010(小林可夢偉組)。《Photo by TOYOTA》
  • 優勝した#7 トヨタGR010(小林可夢偉組)。《Photo by TOYOTA》
  • 2位の#8 トヨタGR010(中嶋一貴組)。《Photo by TOYOTA》
  • トヨタ1-2の表彰台。《Photo by TOYOTA》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ