5Gを使った自動配送ロボット 西新宿エリアで実証実験へ

テクノロジー レスポンス

ティアフォー、損害保険ジャパン、KDDI、小田急電鉄の4社は8月20日、西新宿エリアで5Gを活用した自動走行ロボットによる配送サービスの実証実験を実施すると発表した。

実証実験は4社の展開する「5G×自動配送サービスプラットフォーム事業」が、東京都の「2021年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス実証プロジェクト」に採択されたことを受けて実施する。

「『ヒトが移動する』街から『モノが移動する』スマートシティへ」をテーマに、2022年1月ごろから自動走行ロボットによる5Gを活用した配送サービスの実証実験を行う。さまざまなサービスシナリオに沿ったユースケースを用意し、西新宿エリア内に複数設置された「ミーティングポイント」までモノやサービスを積み込み、自動走行ロボットが配送する。

地域内の「ラストワンマイル配送」プラットフォームとして自動走行ロボットを活用する。多くの公道自動運転実証で培った走行技術、運行管理技術、5Gを活用して遠隔監視技術、トラブルサポートなど、配送サービス実現に必要となる先進技術を、事業者向けにパッケージングして提供する。

事業者と広く連携してサービスシナリオを立案し、実際のサービスイメージを想起させる実証を実施する。この結果、実用化にむけた課題について技術面・運用面・事業面で洗い出しと対応方針を策定する。

ティアフォーは自動走行ロボットの開発や遠隔監視システムの技術提供などを行う。損保ジャパンは自動運転リスクアセスメントや遠隔見守りなどを担当、KDDIが5G/4G通信ネットワークの構築、小田急が配送ユースケースの実験で協力する。

実証実験を実施する西新宿エリアは「スマート東京」の先行実施エリアとして「TOKYO Data Highway 基本戦略」における5Gの重点整備エリアの一つに設定されている。

  • レスポンス編集部
  • 自動配送ロボット実証を実施する西新宿エリア《画像提供 小田急電鉄》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ