三菱ふそうベトナム販売代理店、現地政府に小型トラック『キャンター』126台を寄贈…新型コロナ対策支援

業界 レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、ベトナムの販売代理店であるチュオンハイ・オート・コーポレーション(THACO社)が、新型コロナウイルス感染症(COVID19)対策を支援するため、同国政府に小型トラック『キャンター』126台を寄贈したと発表した。

ベトナム市場向けのキャンターは、MFTBCの川崎工場からノックダウンキット(KD)として出荷され、同国中部のクアンナム省に所在するTHACO社の工場で組み立てられている。

今回、THACO社はベトナム政府による民間企業への支援要請に応え、ワクチン輸送用の4.99トン キャンター63台と、移動式ワクチン接種・検査施設として利用可能な6.5トン キャンター63台、総額1500億ドン(約7億2000万円)相当を寄贈した。寄贈した車両はワクチン輸送に必要な冷蔵機能や、荷室エリアへの行き来をサポートするリアステップなどを装備。2022年3月末までにワクチン接種率7割を実現するという同国政府の目標達成に向け、ベトナム各地で運用される予定だ。

約1億の人口を抱えるベトナム政府は2021年6月、ワクチンの確保と配布を強化する目的で公的基金を設立。その後、同国内外の団体や企業から寄付が寄せられ、ワクチン接種キャンペーンの進行に貢献している。THACO社は、新型コロナウイルス感染症の流行当初から対策活動に取り組んでおり、今回のトラック寄贈の他にも、地方自治体への支援金提供や、消毒液、手袋、防護服、検査キットなどの医療用品の提供を行っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ベトナム政府に寄贈した小型トラック『キャンター』《写真提供 三菱ふそうトラック・バス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ