グッドイヤー、大型トラックの自動運転技術を共同開発…戦略的提携を締結

業界 レスポンス

グッドイヤー・タイヤ&ラバー・カンパニー(以下、グッドイヤー)は8月23日、大型トラックの自動運転技術を手がけるPlus社との間で、戦略的提携を締結した、と発表した。

Plus社は、米国シリコンバレーに2016年に設立された。AI(人工知能)などのテクノロジーを導入して、長距離トラック輸送向けの自動運転技術を手がけている。長距離輸送トラックを、より安全で効率的で持続可能なものにするために、低コストで高性能な自動運転レベル4技術を開発中。さらに、大手トラックメーカーなどと協力して、天然ガスを搭載した自動運転トラックを含む脱炭素輸送ソリューションの開発を推進している。

Plus社はすでに、運転手が搭乗した状態での自動運転ソリューションの「PlusDrive」を顧客に販売。また、2021年の第3四半期には、PlusDriveを搭載したFAW『J7 L3』トラック(自動運転システムを搭載した最初の車両)の生産を開始する予定だ。

グッドイヤーは、コネクテッドタイヤを含む一連のソリューションサービスの供給により、Plus社の自動運転レベル4を搭載したトラックトレーラーの輸送効率と安全性を向上させるとともに、炭素排出の低減を目指していく。

また、グッドイヤーとPlus社は共同で、グッドイヤーのコネクテッドタイヤからの情報を、Plus社の自動運転システムを通して、燃費効率化を機械学習するオンラインシステムに取り込み、燃費をさらに向上させる研究を行う。

さらに、グッドイヤーのインテリジェントタイヤとPlus社の自動運転システムを統合することで、悪天候や極端な道路状況における車両のトータル性能を向上させることも目指していく。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ