トヨタL&F、フォークリフト用安全運転支援システム発売…後方の人と物を検知して走行速度・発進を自動制御

テクノロジー レスポンス

豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーは8月26日、フォークリフト後方の人と物を検知し、走行速度・発進を自動制御する業界初の後方作業者検知運転支援システム「SEnS+(センスプラス)」を発売した。

近年、自動車業界では、「安全運転サポート車」の機能の一つとして、「自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」の普及が加速。フォークリフトでも、車両と人・物との接触事故対策として、安全教育や、作業者と車両の作業動線を規制する「人車分離」などの対策が推進されている。こうした中、フォークリフト作業における安全性向上に向け、接触事故につながりやすい車両の「後進走行中」における人や物の自動検知機能へのニーズが高まっている。

今回開発したSEnS+は、フォークリフト専用設計のカメラとセンシングシステムにより、車両後方の障害物の中から画像認識で人と物を見分けて検知する。検知範囲は水平検知角130°、奥行き最長約10mで業界トップクラス。さらに、検知対象の種類、車速、進行(旋回)方向の複合条件によって、通知範囲を自動調整する。障害物を検知した場合、人と物を見分けて、ブザーとランプでオペレーターに接近を通知。さらに、SEnS+は車両の状況に応じて、走行速度や発進を自動でコントロールする業界初の車両制御機能を搭載する。

同社では8月26日より、コンパクト電動フォークリフト「Ecore(エコア)」にオプション設定して全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて発売するのを皮切りに、その他機種への順次搭載をしていく。価格は65万7800円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 後方作業者検知運転支援システム「SEnS+」《写真提供 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ