オートバックス、令和3年8月大雨災害の被災地に軽自動車5台を寄贈…生活復旧を支援

業界 レスポンス

オートバックスセブンは、令和3年(2021年)8月大雨災害により車を失った佐賀県武雄市の被災者に車両5台を運搬・整備・寄贈すると発表した。

これは、同社が参画している「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」の一環として、日本カーシェアリング協会と協働で行うもの。同アライアンスは日本カーシェアリング協会を事務局とした、企業・自治体との災害支援ネットワーク。アライアンスに参画する企業や団体が連携して、災害発生時に被災地へ迅速に車を届けることで、被災者の生活復旧を支援する。

車が生活の足となっている地域では、車が被災してしまうと、日用品を買いに行くことができなくなったり、家屋のがれきを片付けるにも運べないなど、不便な状態が続き、生活再建の一歩を踏み出すこともままならない。同社では、被災者が一日でも早く日常の生活を取り戻せるよう、これまでも日本カーシェアリング協会と協働で被災地での車の無償貸し出しを支援してきた。

今回の令和3年8月大雨災害では、佐賀県武雄市で軽自動車5台の寄贈およびその車両を千葉県野田市から佐賀県武雄市まで運搬。また、対象車両の整備支援を実施する。また、福岡県久留米市では、8台の車両を熊本県人吉市から福岡県久留米市まで運搬。対象車両の整備支援タイヤの寄贈などを実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ